肋間神経痛の「神経痛とは?」

神経痛なんて聞くと、かなり年齢を重ねた方々に出てくる症状・・なんて思いがちですが、今、若い方にも肋間神経痛の症状に悩む方が多くなっているといいます。

さてここで、神経痛とはなにか?理解しておくべきですね。

神経痛というのは、末梢神経の通っている道に沿って、痛みやしびれなどの症状が出ることを言います。

例えば座骨神経に沿って痛みが走る・・という場合には、座骨神経痛。

三叉神経に沿って痛みが走れば三叉神経痛。

肋間神経に沿って痛みが走る場合、肋間神経痛ということになります。

神経痛は、一定の神経経路に沿って起こる痛み、症状で常に同じところが痛みます。

長時間持続する痛みではありませんが、繰り返し何度も激しい痛みが襲います。

痛みやしびれなどを感じなくても、問題となっている神経を触ったり、刺激するだけでも痛みを感じたりします。

特に肋間神経痛は胸部分に痛みが来るので、心臓が悪いのでは?と勘違いする人も多いのです。